全国の地域別ソープ

地域別ソープランドまとめ!NS・NNできるソープランドを徹底調査!

「セフレも欲しいけど、とりあえずヤりたい」
「ピンサロじゃ我慢できない」

という方のために『セフレ出会い研究所』では、全国にあるソープランドを地域別に紹介しています。

ソープランドは「風俗の王様」と呼ばれるほど、風俗好きからの人気は高いです。

そもそもソープランドに行ってみたいけれど、誰かにシステムや利用の流れを聞くのも抵抗感があるものです。

特有の流れがあったりルールがあるのでは?など、不安もあるかもしれませんが実は意外にわかりやすく簡単なシステムなのです。

優良なソープランドであれば、システムも明瞭ですし利用者側が気を払う必要も全くありません。

しかし、ソープランドをさらに楽しむ・満足した時間を過ごすと考えた時は、やはり予備知識がある方が良いでしょう。

ここでは、ソープランドの基本的な情報からしくみさらには、入浴料から嬢の選び方などの基本的なシステム。

さらには、予約や飛び込みの違いからプレイ完了までの流れにも触れていきます。

ソープランドについて知りたい!より充実した時間を過ごしたい!という場合にも参考にしていただける情報をご紹介していきます。

一度、認識するとさらに自分に合ったスタイルも作りやすいのでチェックしてみてください。

全国にあるソープランドを探す

ソープランドは全国に1,200店舗以上あると言われていますが、「大都市=ソープ街がある」とは限りません。

むしろ大都市ほど規制だったり、摘発だったりでソープ街がないことも多いです。

逆にあまり人口の多くない地方には観光資源としてのソープ街が有名なことも。

初心者の方でも分かりやすいように、お目当てのソープランドが見つけられるように地域別にまとめました。

北海道地方のソープランド

北海道は札幌に日本三大風俗街の一つ「すすきの」があります。

すすきの(札幌) / 旭川 / 函館 / 釧路

東北地方のソープランド

東北地方では福島のいわき市にある「小名浜」がソープ街として有名です。

人口の多い仙台にも風俗街があります。

青森 / 盛岡(岩手) / 仙台(宮城) / 秋田 / 山形 / いわき小名浜(福島)

関東地方(東京除く)のソープランド

関東地方はそれぞれの県に有名な風俗街を抱えていることが多いです。

埼玉県「西川口」や茨城県「土浦」など通好みのソープ街も揃えています。

水戸 / 土浦 / 宇都宮(栃木) / 群馬 / 大宮 / 西川口 / 蕨 / 春日部 / 栄町 / 船橋 / 川崎堀之内 / 横浜(関内)

東京のソープランド

日本最大のソープ街「吉原」や日本三大風俗街の一つ「歌舞伎町」など、数多くの風俗街があります。

一方で、地元で長年愛される老舗ソープランドも多いです。

吉原 / 池袋 / 八王子・立川 / 新宿・歌舞伎町 / 五反田 / 亀有 / 上野・秋葉原・錦糸町 / 巣鴨 / 町田 / 渋谷 / 大塚 / 大井町 / 吉祥寺 / 新橋

北陸・甲信越・東海地方のソープランド

「金津園」や「片山津温泉」など風俗好きによく知られるソープ街が多数あります。

関西地方のソープランド

他の地方と比べるとソープの数は少ないですが、滋賀県「雄琴温泉」は全国でも有数のソープ街として名を馳せています。

四日市(三重) / 雄琴(滋賀) / 京都 / 大阪 / 神戸福原 / 尼崎 / 姫路 / 奈良 / 和歌山

中国・四国地方のソープランド

鳥取県「皆生温泉」や愛媛県「道後温泉」など温泉地の風俗街が多いです。

地方特有のソープが味わえます。

皆生温泉(鳥取) / 島根 / 岡山 / 広島 / 下関(山口) / 徳島 / 高松 / 琴平 / 松山・道後温泉(愛媛) / 高知

九州・沖縄地方のソープランド

日本三大風俗街の一つ「中洲」を始め、大分県「別府温泉」や佐賀県「武雄温泉」、沖縄県「辻」などソープ街が他の地方よりも数多くあります。

ソープランドとは?

ソープランドとは、そこで働く嬢(ソープ嬢)から性的サービスを行う場所の事を言います。

ソープランドという名前がついたのは1980年代からで、以前は「トルコ風呂」と呼ばれていました。(トルコ人留学生の抗議運動により改称されました)

第一号と呼ばれている店舗でのサービス内容は「指で刺激をして男性の性的欲求を満たす」という方法でした。

現在のソープランドはいわゆる「本番行為」を行うことができる風俗なのです。

他の風俗店では、本番行為は禁止されていますし、プランやコースの中にはありません。

ソープランドだからこそできるプレイ内容ともいえるでしょう。

風俗店の中でも、そのプレイ内容が濃密であることから、他の風俗店と比較をすると料金的には高く感じることもあるでしょう。

しかし、それだけの満足できる時間とサービスを提供している場所ともいえます。

働いているソープ嬢の年代はさまざまで、店舗によっても異なりますが、平均年代は「20代」です。

このソープランドを営むには「店舗型第一号営業」という許可が必要です。

営業が行えるエリアは限定されており、新しい土地での新規出店ができないのです。

47都道府県すべてにソープランドがあるというわけではなく、青森県・富山県そして京都府などソープランドがないという場所もあります。

ですから、ソープランドとほかの風俗店の異なる点の1つに「法的要素」があるということもわかります。

また、ソープランドの場合での解釈ですが、浴室のある部屋にいる女性が「入浴介助」をしてくれるという形式になっています。

プレイは簡単に言えば「個人的な恋愛模様」に該当しているのです。

ソープランドのしくみ・システム

ソープランドに興味がある・足を運んでみたいという際に気になるのはやはりその「しくみ」や「システム゛てはないでしょうか。

これらを事前に把握しておくと、安心したソープ店も選びやすくなりますしサービスも受けやすくなるでしょう。

そんなしくみやシステムをまとめていきます。

【料金】「入浴料」「サービス料」「総額」の違い

ソープランドでの料金システムは少し独特です。

「入浴料」「サービス料」から「総額」が計算されるという方法となっています。

以下、それぞれの料金ないようについてまとめていきましょう。

・「入浴料」とは、ソープランドそのものの利用料金と考えるとわかりやすく、いわゆるお風呂を利用するための料金です。

・「サービス料」は、ソープ嬢に支払う料金の事を言い、入浴介助に対する料金と考えるとわかりやすいでしょう。

入浴料ならびにサービス料金を足したものが「総額」となります。

利用後に支払うというソープランドもありますが、前払いというところが多いでしょう。

もし、指名したいソープ嬢がいれば「指名料」が総額に加算されます。

また、プレイ内容のオプションを希望する場合は、別途料金がかかることもあるでしょう。

ソープランドでは、入浴料・サービス料がそれぞれ記載されているところもありますが、わかりやすい提示を行うためにも総額表示をしている店舗も増えています。

【サービス】「マットプレイ」「NS」「NN」「即尺」「即即」とは?

ソープランドではどのようなサービスを受けることができるのでしょうか。

ここでは、代表的なプレイサービスをご紹介します。

・マットプレイ
マットプレイは、ソープランドの代表的なサービス内容といっても過言ではありません。

利用者がマットの上に横になり、ソープ嬢がローションでのプレイをしてくれます。

以前は、マットプレイ専用の風俗店もあったようですが、今ではソープランドでしか体験できないサービスともいえます。

・NS
NSとは「ノースキン」の略称で、簡単に言えばコンドームを装着せずに挿入できることを指します。

全てのソープランドならびにソープ嬢がNSをしているわけではありません。

NS可能なソープ嬢が在籍している店舗・NSオンリーのソープランドがあります。

・NN
NNとは「生中出し」の略称で、その通りにコンドーム無しで挿入・中出しができることを指しています。

ソープ嬢のリスクや性病リスクなどが考慮されているソープランドが多いので、NNを実施しているところはほとんどないと考えて良いでしょう。

しかし「皆無」ではありません。

・即尺
即尺とは「すぐにフェラチオをする」という事を意味しています。

プレイが始まったらすぐにフェラチオをしてくれるというプレイ内容で、高級店に用意されていることが多いでしょう。

・即即
即即とは「即尺」の後すぐに挿入ができるプレイを指しています。

「即尺・即即」がセットになっていることも珍しくありません。

【ランク】「激安店」「格安店」「大衆店」「中級店」「高級店」の違い

ソープランドには、お店の「ランク」というものがあります。

どのようなランクがありまた、どのような違いがあるのかを以下、まとめていきます。

・激安店
プレイ時間40分~60分程度で、料金は10000円未満というソープランドの中で最も安い利用金設定の店舗を指しています。

・格安店
プレイ時間は40分~56分程度で、料金は10000円~15000円前後というリーズナブルで通いやすい店舗です。

・大衆店
プレイ時間は最短で50分前後、料金は15000円~20000円ほどで、ソープ嬢の質もある程度確保できるといわれている店舗です。

・中級店
プレイ時間は最短で80分前後と比較的に時間に余裕があり、料金は30000円前後です。

マットプレイが受けられるのはこの中級店以上が大半です。

・高級店
ソープランドの中てもっともランクが高い店舗です。

最短でも120分ほどのゆったりしたコース設定が魅力ですが、料金は平均50000円前後とお高めになっています。

ソープ嬢の質が良いというのも大きな魅力です。

ソープランドのプレイまでの流れ・遊び方

ソープランドで満足したサービスを受けるためにも確認しておきたいのが、プレイまでの流れや遊び方です。

自分はもちろんですがソープ嬢にも不愉快な思いをさせずに楽しむのがルールともいえます。

ここでは、そんなプレイまでの流れから遊び方を確認していきましょう。

1.お店・嬢を選ぶ

お店選びについては、まず「どのようなお店が良いのか」を考えると探しやすいでしょう。

テクニック重視なのか・若いソープ嬢が良いのかと合わせて、料金などの目安くつけておくのがオススメです。

また、どうしても譲れないポイント(希望プレイなど)があれば、そこから絞っていくのも良いでしょう。

ソープ嬢選びは、店舗でパネルを見て確認します。

好みのソープ嬢を選びましょう。

しかしここで注意をしたいのが「パネマジ」です。

パネルで見た時と実際に会った時の印象がまるで違うパネルマジック。

特に初めて訪れる店舗の場合にはその可能性が高くなってしまいますので、足を運ぶ前に公式サイトがあればアクセスをして、ソープ嬢の「写メ日記」などを確認するのも手軽で良い方法です。

2.予約するor飛び込みで入店

ソープランドでの予約と飛び込みについてまとめていきます。

予約は、電話予約といってあらかじめ店舗に連絡を入れておく方法があります。

近年では、ソープランドも公式サイトを持つようになり、インターネット経由で予約を入れられることもできるようになりました。

また、「姫予約」と呼ばれる予約法もあります。

これは、ソープ嬢に直接予約を入れる方法で、名刺を持っている場合や連絡先を交換している場合に限ります。

人気のソープ嬢は「予約満了」となってしまうことも珍しくありませんから、前もっての予約が安心でしょう。

当日直接お店へ出向いて、ソープ嬢を選ぶいわゆる「飛び込み」入店も可能です。

予約が入っていないソープ嬢がいれば、その中から選ぶか、指名したいソープ嬢がサービス中であれば、それが終わるまで待ちましょう。

当日のタイミングでも利用できるソープランドですが、予約を入れた方がスムーズですし、満足度も高くなりやすいです。

3.受付~待機室で待機

受付にて、入浴料金を支払います。

受付時、オプションや追加したい項目・プレイがあれば申し出てください。

番号が書かれた札やカードなどをスタッフから渡されますので、それを持って「待機室」と呼ばれるところで待機してください。

店舗によって異なりますが、待機室にはテレビや雑誌などが置いてありますので時間は十分につぶせるでしょう。

この段階で、爪が伸びているなどがあれば処理をしておいてください。

身なりをある程度、整えておくのも良いでしょう。

以前はこの待機室内での喫煙は可能でしたが、現在は不可となっています。

もし、タバコを吸いたいようであればスタッフに聞いて喫煙所を探してください。

4.嬢とご対面

待機室で待っていると、順番が来ればスタッフから番号で呼ばれます。

手持ちの札を確認し、自分であればスタッフの元に向かいましょう。

なお、名前で呼ばれることは決してありませんから安心してください。

ここから先は、スタッフのの指示ということになりますが、ソープ嬢が待機している部屋まで一緒に向かう形となります。

もちろん、スタッフが一緒に入出することはなく、部屋の前でスタッフは再び受付へ戻ります。

この際、軽くお礼の言葉などを伝えるとお互いに気持ちの良いやり取りができるでしょう。

チップなどの必要は特にありません。

5.入室~雑談

入室をしたら、まずソープ嬢と軽く挨拶を交わしトークを楽しみましょう。

ベットに軽く腰を掛けて並んで座り、話をするのが一般的です。

リラックスするためにも、流れを作りやすくするためにも会話をするという利用者が多いでしょう。

他愛ない話が中心で、くれぐれもソープ嬢の個人的な部分に立ち入らないようにしてください。

注意点は1つで、話に夢中なり過ぎないことです。

時間が決まっていますから、話が長くなるとプレイ時間が短くなってしまいます。

なお、ソープランドのサービスで「即尺」「即即」を希望している場合は、この段階が省略され、すぐにプレイが始まるでしょう。

6.浴場でマットプレイ

中級店や高級店もしくは、プレイオプションとして希望した場合には「マットプレイ」が行われます。

浴室内にマットが敷かれていますので、ソープ嬢とのマットプレイを楽しみましょう。

この際、ソープ嬢の指示に従うことが楽しく過ごすためのポイント。

ローションは想像以上に滑りやすくなっていて、転倒の危険性があります。

ソープランドに楽しみに来たのに怪我をしてしまったということが無いように、指示通りそして身を任せてください。

マットでのプレイが終了したら、身体のローションをソープ嬢が洗い流してくれます。

以下、浴場でのプレイについて触れ行きます。

・スケベ椅子
浴場で使う椅子で、少し特殊な形をしています。

真ん中がくりぬかれたようになっていて、ソープ嬢がそこに手を入れてプレイをしてくれるのです。

また、性器とその付近を洗いやすくしてくれるアイテムにもなります。

手ばかりではなく、身体を密着してプレイをしてくれるというソープ嬢も多く、様々な刺激が楽しめます。

・潜望鏡
一緒に入浴し、お風呂の中でフェラチオをしてもらいます。

積極的に行ってくれるというソープ嬢もいますが、必ず行ってくれるというわけではありません。

もし希望する場合にはソープ嬢に伝えると良いでしょう。

7.ベッドで本番プレイ

浴場を出たら、ソープ嬢と一緒にベッドに移動をします。

ベッドでのプレイは、一般的な性行為と考えると良いでしょう。

体位なども特に制限はありませんが、ソープ嬢が苦しい・嫌がるようなものは避けた方が良いでしょう。

また、コンドーム着用がスタンダードですが、NS・NNが可能なソープランド・ソープ嬢であれば着用しなくてもプレイ可能です。

なお、コンドーム着用必須のソープランドはそれを断るとプレイが中断となります。

強制的行為や、ソープ嬢を傷つけるような行為の際も同様ですのでご注意ください。

8.2回戦~退室まで

利用時間にまだ余裕があるという場合には、2回戦も可能です。

時間ギリギリまで2回戦が楽しめるというわけではなく、プレイ後の入浴時間を考慮した配分となるでしょう。

なお、プレイ後もソープ嬢が身体を洗って一緒に入浴してくれます。

プレイ後の入浴時はマットプレイやスケベ椅子プレイ・潜望鏡などは行われません。

その後、部屋の中で身支度を整えたら退室です。

ソープ嬢はフロント近くまでお見送りをしてくれて、ここでソープ嬢とはお別れとなります。

料金延長をしたり、別途料金が発生した場合には、退店前に受付にて支払いを済ませてください。

ソープのメリット

サービス面

なんといってもソープのメリットはこの挿入することができるということではないでしょうか。

相手側もこちらの一番の目的は挿入することであるとはっきりと理解しています。

単に射精をしたいというよりは、エッチをしたいという願望を持っているのであればまずソープが一番手っ取り早いです。

プレイ自体も濃厚なことが多く、キスやマットプレイなど多岐にわたるサービスを受けることができます。

入浴では丁寧にお互いの体を洗い、ローションを使ったマットプレイでは見事なまでに引っ付きこちらの気持ちがわかっているかのような動きをしてくれます。

挿入まではもちろんフェラもしてくれて最高のサービスを味わえます。

もちろん童貞のお客様にとっても初めて挿入するだけでなく、女性器がどうなっているのかもじっくり拝ませてもらえます。

やり方自体わからなくても、そこはプロの女の人が先生であるかのように懇切丁寧に挿入方を教えてくれます。

AV女優がお相手をしてくれるようなお店もあるほどです。

料金の確実性

よく考えてみると料金も実は手ごろなことが多いです。

例えば、デリバリーヘルスを呼ぶ場合、女の子にサービス料を払います。

そして、ホテル代金ももちろん発生しています。

女の子によっては、そこから挿入したいならさらに追加で1~2万円位要求してくるようなこともざらにあります。

この3点の料金とソープランドに行き一括で払う料金を比較すると実は、ソープランドに払う料金のほうがよっぽど安いのです。

もちろんソープランドの料金には、挿入することが前提で店側も女の子もお客さん側も全員が共通した認識を持っており、その認識のもと料金が設定されています。

一方デリバリーヘルスやその他の種類の風俗店においては、少なくとも表向きは挿入は禁止行為というもと行っています。

その観点からすると、デリバリーヘルスでは挿入するにあたり確実性がなく、実際店からは認められている行為でないため、万が一女の子と交渉の際トラブルになったときにお客さん側としては非常に弱い立場に立たされてしまうのです。

そのことを考えるとやはりソープランドは、料金的な面からも非常に効率が高いと判断できるのです。

自分の持っている変わった欲望を満たすことができる

どんな人でも人には言えない秘密というものがあると思います。

性癖という点については、特にそのことが如実にあるのではないかと思います。

仮に奥さんがいらっしゃる男性でも奥さんとは昔から付き合っていたスタイルでエッチをしていると思います。

その奥さんにでさえ、本当の自分の性癖を言うことができないという方もたくさんいるはずです。

そのような時、ソープランドは満たしてくれるのです。

基本的にソープランドには、これといったテーマはございません。

例えば、M男専門店や女子〇生専門店などで営業しているところはほとんどないのです。

言い換えると、どんなプレイスタイルもお客様の要望に合わせて、対応してくれるのです。

仮にあなたが痴漢のシチュエーションからエッチをしていくような流れをイメージしたければ、プレイを始める前にその女の子とイメージを共有すれば、たいていはその女の子はあなたの願望をかなえてくれます。

なかなか他人には言えず悶々と一人抱えている欲望を満たしてくれる場所、それがソープランドなのです。

ソープのデメリット

女性の外見

私個人的にはやはりソープで働く女の子の外見レベルは他の風俗業界の女の子たちに比べ落ちてしまうのが実態ではないかと考えています。

やはり顔面レベル的には、①キャバクラ・ガールズバー②ファッションヘルス③デリヘル④ソープという順番になっているように思います。

また通常、どういう女性がお相手となるのか店舗に入っていないとわからないということもデメリットの一つです。

やはり、ソープランドで働く女の子は対外的に顔出しNGとなってる子がほとんどだからです。

もちろんお店の中では在籍出勤している女の子の中から選べるのでその中で自分自身気にいる子がいればよいですし、もうすでに何度か利用したことがある店で過去にその女の子が良くって、その女の子が出勤しているということが分かっていればよいのですが、そうでない場合せっかくある程度の料金を払っているのに、あんまりよくなかったという結果になりえるのです。

時の運に任せ、その日の自分自身の運を信じるといったお気持ちの方であればそのようなことも一種の楽しみかもしれませんが、絶対に外れだけは引きたくないと思われている方にとってはデメリットがあると思います。

女性器のゆるさ

ソープランドではもちろん本番はできるものの、女の子によってはあまり女性器がしまっておらず、いわゆる“がばがば”の女の子がいるのも事実です。

やはり、利用する男性誰もが挿入できるということは裏を返せば、全員挿入してその女性器を使っているので、必然的に使えば使うほど、もとよりは緩くなってしまうのではないかと思われます。

この女性器のゆるさだけは外見だけでは判断することができません。

もちろんプレイをスタートさせてから女性器を触りその時緩いと思ったのでという理由で、その女の子をチェンジすることなどできるはずもありません。

このことだけは事前に裏掲示板のようなもので情報を入手する以外に知るすべがないのです。

もちろんサービス自体が落ちるようなことはないのですが、この緩さを嫌う男性にとってはデメリットでしかありません。

毎日オナニーをしてその際に強く握りすぎてしまっている男性にとっては、少し緩いといけないということにもつながるかと思います。

もちろんその場合でも女の子に伝えて手や口で抜いてもらえばよいですが、どうしても挿入していきたいという人にとってはつらい部分かもしれません。

店舗数の少なさ

ソープランドは、他種類の風俗店に比べて圧倒的な店舗数が少ないです。

それこそキャバクラ、ヘルス、デリヘルに比べてソープランドのお店に出会う機会はなかなかないのです。

飲み会の帰りに酔っぱらって、キャバクラやヘルスであれば行くこともあるかと思います。

ただし、飲み会の後にソープランドに行ったということは私自身、私の知り合いなどからも一度も聞いたことがありません。

それほど店舗が少ないため、ソープランドに行く際は普通は計画的に事前にスケジューリングしていくということが多くなると思います。

そうなるとやはりどうしても家族がいる方にとってはなかなか休みの日に家族と離れて利用するというのはハードルが高くなってくるのではないかと思います。

気軽に行けるかどうかという点ではソープランドはなかなか難しいのです。

会社の休みが急きょ平日に入り、その日を事前にソープランドへ行くと予定していれば、当日家族には会社に行くとうそをつき、そのまま風俗に出掛けることはできるかもしれません。

やはりどうしても働く女の子にとってもソープランドは本番あるという観点からハードルが高く、お店側もなかなか集められないことが原因の一つではないかと思います。

ハッピーメールは女性登録数No1!
セフレになる女性を探す
今なら無料登録で1,200円分のポイントプレゼント!