セフレの作り方・探し方9選!初心者でも女性を簡単にセックスフレンドにする方法を伝授

セフレの作り方・探し方

セフレ出会い研究所へようこそ!

ここへたどり着いたあなたは、セフレが欲しいけれども作り方がわからないという悩みをお持ちなのでしょう。

セフレがいるという安心感と、心の安らぎは何ものにも代え難いのです。

ヒトが動物と違うところは、感情があるかないかだと僕は思います。

その「ヒト」であるために大切な感情をかき乱すものが性への欲求です。

好きな時に発散でき、好きな時に会える。

お互いの都合はあっても、会えば必ずセックスできるという安心感は大切です。

そういう存在がいるといないでは心の余裕に大きな差が生じるものなのです。

しかしながら、そういう存在を手に入れることは容易ではありません。

そのためヒトは、結婚という愚かな制度を作りあげ、生涯セックスする相手に(とりあえずは)困らないように仕向けたのです。

何が不貞だ。何が不倫だ。何が浮気だ。

ヒトであることを逆手に取り、ヒトの感情を「誰かが勝手に決めた正しい方向」へ向かわせる結婚という手段。

そんなものに乗っかって、この先のセックスライフを棒に振る必要はありません。

「誰かが勝手に決めた、結婚という幸せ」に向かいたい方にはこの記事は不向きです。

この記事はあくまで、自分自身の欲求に素直に従い、自分の人生をより良く、華やかで彩りのあるものにしたい人へ向けてセフレの作り方をご紹介いたします。

セフレを作るのは容易ではありませんが、女性を正しく理解し、正しく出会い系サイトを利用することによって、比較的簡単に手に入るものなのです。

セフレ作りを諦めた人たちが、結婚という手段を取るのです。

あなたは結婚によって生涯一人の女性に縛られますか?

それともセフレという、複数人いてもいいし、いつでも替えのきく相手を作りますか?

どちらを選ぶかはあなた次第なのです。

セフレを見つけられる出会い系サイト

ランキング 1位 2位 3位
サイト名 ハッピーメール
ハッピーメール[R18]
ワクワクメール
ワクワクメール[R18]
Jメール
Jメール[R18]
会員数 2,500万人
女性会員数:750万人
800万人
女性会員数:320万人
600万人
女性会員数:240万人
無料特典 最大1,200円相当P 最大1,200円相当P 最大1,000円相当P
公式リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

セフレ作りに最適な出会い系サイト3選!

「出会い系サイトならセフレを見つけやすい」ことを説明しましたが、大事なことがあります。

それは同じ出会い系サイトでも出会えないサイトと出会えるサイトがあるということ!

「セフレ出会い研究所」ではセフレとやれる出会い系サイト・アプリを紹介していますが、その中でもとくに自信をもっておすすめできる、セフレ作りにぴったりな出会い系サイトを3つ紹介します。

ハッピーメール[R18]

ハッピーメールは、累計登録者2,500人を突破している業界最大級の出会い系サイト。

真面目な出会いを求めている人も一定数いますが、セフレ募集などのアダルト目的での利用者も多いです。

ハッピーメールは、アダルト掲示板という掲示板があり、そこで今夜会える相手を探すのが一般的になっています。

中でも「スグ会いたい」「大人の出会い」「大人の恋愛関係」「刺激的な出会い」といった掲示板には、セフレ募集目的の書き込みが多数されています。

ワクワクメール[R18]

ワクワクメールは、累計登録者750万人以上の大手出会い系サイトです。

ワクワクメールの特徴として、他の出会い系サイトよりも若い女の子が登録していることが挙げられます。

20代前半はもちろん、中には18,19歳の大学生の女の子も多数登録しており、若い子と出会いたい!

という男性におすすめです。

また、若い女の子が多く登録しているので、会うことに抵抗がない人が多く、比較的出会いが成功しやすいのも嬉しいですね。

ミントC!Jメール[R18]

Jメールは会員数600万人以上と言われています!

九州で活動している企業が運営しており、九州では街中に宣伝カーが動いています!

Jメールを利用している年齢層は幅広く、中年・それ以上の年代が利用しています!

そのため、「若い子とセフレになりたい」という方は他の出会い系サイトに登録するべきです。

また、Jメールは「全国アダルト掲示板」「エロ動画」などの機能があるため、たとえセフレが見つからなくても興奮することができます♡

出会い系サイトならセフレ作りが簡単な6つの理由

一番簡単にセフレを作る方法としてあげられるのが出会い系サイトです。

スマホの普及に伴い、かなり一般化されてきている出会い系サイトですが、一つ言えることは利用者の中に真面目な堅物はいないということ。

ですので出会い系サイトの中に、真面目な出会いはほとんど存在しません。

セフレを作るなら、まず出会い系サイト選びから開始しましょう。

出会い系サイトにはセフレ希望の女性が多い

出会い系サイトに真面目な女性はほとんどいないとご説明しましたが、中には結婚願望の強い女性もいます。

そういう女性はプロフィールにハッキリ書いてありますし、最初から避けていてもいいでしょう。

しかし出会い系サイトを利用し続けていると、真面目な女性でも次第に感覚が鈍っていくものです。

実際に結婚願望の強い女性が、出会い系サイトでセフレを作るなんてよくある話です。

本末転倒と思えるようなことですが、結婚という制度が生涯セックスに困らないための仕様なのですから、結婚ではなくセフレを作ることになるのもまた、不自然ではないことなのかもしれません。

ですから最初からセフレを作る目的でサイトに登録した女性に加え、サイトで徐々に感覚が鈍っていく女性の両方がセフレになってくれる可能性があるのです。

性欲というのは3大欲求のうちの一つですから、満たしたいと思わない人はいません。

そして手軽に満たせるのが出会い系サイトであることは、男性にとっても女性にとっても同じこと。

ですから女性も男性と同じ気持ちでサイトを利用していると言えるでしょう。

見知らぬ人だから割り切った関係ができる

僕は出会い系サイトの利用歴はかなり長いです。

ですが今まで一度もリアルの知り合いに出会ったことはありません。

万が一いたとしても、相手も出会い系サイトを利用しているのですから、まぁお互いさまです。

そして見つけてもわざわざサイトの中で話かけることもなければ、話かけられることもないでしょう。

出会い系サイトの一番の魅力は、見知らぬ人と出会えることだからです。

知り合いにバレるのがなんでしょう?

同罪なんですから、その知り合いはさらに別の人に口外したりはしないでしょう。

だからそれ以上他の人に知られることはありませんよね。

僕はそういう思いで、出会い系サイトを利用しています。

そして見知らぬ人とイチから知り合っていくからこそ、割り切った関係も構築できるのです。

知り合いではないからこそ、見せられる顔もあるのです。

とくに、大っぴらに人に言うことが憚られるような性癖を持っていたりすると、見ず知らずの相手は都合がいいですよね。

そう思うと、やはり出会い系サイトがぴったりです。

知らない人しかいないんですから。

出会い系サイトなら出費が安くすむ

出会い系サイトはお金がかかるのではないかと心配される声もよく耳にします。

多くの出会い系サイトは、女性は完全無料ですが、男性はポイント制であったり月額制であったり、少なからずお金がかかったりします。

しかし月に5千円もかければ、充分です。

週換算で1,250円です。

そこまで高い料金設定でもないと、おわかりいただけると思います。

そしてなにより、週1,250円で出会いたい放題なのです。

例えばナンパしに行くと考えてみてください。

あなたの家から繁華街まで、交通費はいくらですか?

繁華街まで何分かかりますか?

ナンパして、そのままホテルへは難しいでしょうから、お茶を奢ることからスタートですよね。

お茶代はいくらになると思いますか?

1,250円はあっという間に超えているのではないでしょうか。

そしてもしナンパに成功したとしても、相手女性は一人ですよね。

出会い系サイトなら、ナンパしている間に複数の女性と知り合えるのです。

ですからトータルで考えた場合、圧倒的に出会い系サイトが安いと言えるでしょう。

他の方法に比べてライバルが少ない

女性と知り合う方法はたくさんあります。

でも、例えば合コンに行っても、一緒に行った友人男性に気を使うこともあるでしょうし、自分がいいと思った女性のことはたいてい他の男性もいいと思っているので、なかなかうまくいかないことが多いですよね。

なにせライバルが多すぎるのです。

街中を歩いている女性も、たいていは彼氏や旦那がいるでしょうし。

出会い系サイトにももちろん既婚者や彼氏持ちの女性は多く存在します。

しかし、既婚者や彼氏持ちが登録している=出会いを求めていることになりますので、今のパートナーに不満があるのです。

そして既婚者や彼氏持ちであることが判明した時点で諦める男性が半数はいます。

諦める男性はおそらく真面目な利用者ですね。

そうでなければ食いつくはずですから。

街中を歩く女性の中からセフレ希望の女性を見つけるのは至難のわざですが、出会い系サイトにいる女性の中から探すのは簡単です。

いつでもどこでもセフレ作りに勤しめる

これぞスマホの最大の特徴です。

出会い系サイトはたいていスマホが利用できます。

つまりスマホを手にしている時間は常に相手を探せるんです。

出会い系サイトには数多くの人が登録をしていますから、常に新規開拓ができるのです。

一人目がダメでも次から次へと候補者はでてきますからご安心ください。

ナンパや合コンなら自分の時間をまとめて空ける必要がありますが、出会い系サイトならば3分空き時間があれば最低でも1人とはやりとりができるでしょう。

一度やりとりができれば、あとはじっくり攻めてもいいのです。

ナンパや合コンでは絶対に叶わない「手軽さ」が出会い系サイトにはあるのです。

そのメリットは大変大きいと言えるでしょう。

コツさえわかれば誰でもセフレが作れる

ナンパや合コンでお持ち帰りをしようとすると、重視されるのがあなたの見た目でしょう。

そのときに相手が嫌いなタイプの服装をしていたらその時点でアウトですし。

しかし出会い系サイトは顔がしっかりわからない分、女性の心から攻略していくことが可能です。

女性は心ありきのセックスをしたがります。

心が一切ない相手には簡単に体を許したりはしません。

逆に簡単にヤラせるとなると、ちょっとびっくりしませんか?

たいていそういう女性はワケアリです。

あまり深入りしない方がいいタイプ。

出会い系サイトならば知り合ってから実際に会うまでの時間で、女性の心をほぐしていけますから、便利ですね。

女性の心を掴むように、うまくやりとりを続けてもらえればと思います。

とにかく最初は心を掴む!

これ以外にありません!

女性の心を掴むコツはとにかく話しを聞いてあげること。

これに尽きます。

女性は話を聞いてもらいたい生き物ですからね。

その際に余計なアドバイスなんて不要ですから、しっかり最後まで話しを聞いてみてください。

とくにパートナーに不満を持っている女性には、どういった内容なのかを聞いてあげることで女性は満足しますし、それだけで親密度が上がるものです。

出会い系サイト以外でセフレを作る方法

何事においても、不可能はありえません。

セフレ作りにおいてもそう。

出会い系サイト以外でもセフレを作ることは、可能と言えば可能です。

どんな方法があなたに一番適しているかは自分自身で最終判断をする必要があります。

それぞれのメリット・デメリットを熟考した上で検討してみてください。

ナンパ:まず成功することはない

ナンパの経験はどの程度ありますか?

ナンパするのであれば、場所が重要になります。

何歳ぐらいの子を狙うかで、場所が変わるからです。

あまりにも人通りが多い場所では通行の妨げになりますから、声をかけるタイミングも重要。

なによりも、ナンパの場合はへこたれないあなた自身の強靭なメンタルが必要となります。

「キモい」「ウザい」「どっか行け」は当たり前、ひどい時にはさらにとんでもない侮辱を受けることも。

それに耐えうるMっ気のある男性ならばご褒美感覚でトライできるかもしれませんが、一般人の心であれば結構深く傷つきます。

そもそも外にいる女性=用事があって外出していることが多いですから、ナンパしたその場でホテルへ行けると思ってはいけません。

唯一希望があるのは、相手が笑ってくれる場合。

この場合は電話番号などをサッと手渡して、連絡が来ることを待つのみです。

しかしながら連絡が来る確率はかなり低いです。

下手な鉄砲数撃ちゃ当たると言いますが、ナンパはかなり数打たないといけません。

連続して声をかけていると通報されることもありますし、自分の好みのタイプでなくとも惰性で声をかけることになります。

しかもそういうときに限って好感触だったりして、逆に戸惑うこともあります。

よほどのイケメンか、チャラ男か、会話の上手い人でないとナンパは成功しません。

ハードルはかなり高いです。

キャバクラ:貢がされて終わり

この子、俺のこと好きなのかな?と思ってしまうキャバクラ。

勘違いしないでください。

疑似恋愛です。接客です。サービスです。

そりゃ若くて可愛い子がいっぱいいますしね。

水商売をしているんだし、多少は軽いんじゃないかという偏見に満ちた期待を込めて女の子を見てしまうこともあるでしょう。

典型的な男の脳ですよね。

「俺だけは特別だろ?」って言いたくなってしまうんですよね。

そんなわけないです。

特別なわけないですし、他の男性客に同じ対応をしているんですよ。

それでも夢見がちな男性はつい、プレゼントとかしてしまうんです。

ものすごく喜んでくれますから、つい嬉しくなってたくさん買ってあげてしまうんですよね。

そしてその見返りにセックスを求める。

はっきり言いましょう。

無理です。

キャバ嬢には貢いであげて終わりです!

同じお金を使うのなら、風俗に行く方がいくらか有意義ですね。

ナイトクラブ:イケメン以外は無理

リア充の集いの場、ナイトクラブでセフレを作ろうと考えましたか?

チャラい男女がよりどりみどりで、イケそうではありますね。

お酒も入っていますし、声もかけやすい環境です。

あなたはどんなタイプの人なんでしょう?

僕が想像するに、クラブに出入りしている人ではないでしょうね。

セフレの作り方の記事を読みにくる人が、クラブの常連客なわけがありません。

ナイトクラブの常連客の女の子は百戦錬磨の可能性が非常に高いです。

すばらしいテクニックを持っているかもしれませんが、そのテクニックはクラブにやってくるイケメンのために温存しているのです。

誰彼なしに披露してくれるものではないことを覚えておいてください。

あなたがイケメンであればいけるかもしれませんが、今の流行の顔でないと受け入れてもらえないでしょう。

男が考えるイケメンと、女が考えるイケメンには大きな開きもありますから、よほど外見に自信がないと難しいでしょう。

そしてナイトクラブにいる女の子としっかり約束が交わせるかどうかというところもネックになってきます。

ナイトクラブの女の子とは、できてワンナイトでしょう。

それもかなり成功した場合の話です。

風俗:割り切りの関係にされるだけ

エッチをさせてくれる女性といえば風俗嬢。

とくにソープランドの女の子たちはセックスまでしてくれるから、テクニックもバッチリ!

全国にはたくさんのソープがあるので、選びたい放題です。

風俗嬢がセフレになってくれればありがたいですね。

もしセフレになってくれたら、タダでそのテクニックを堪能できるわけです!

そんな素晴らしいことがあるでしょうか!?

はい、残念ながらあるわけがありませんね。

風俗嬢は当然、売上を店側と分けます。

風俗嬢に店外でのセックスを持ちかけたとしても、店にバレると大変なことになりますし、店にバレなかったとしても結局その女性にお金を払わないといけません。

同じプレイ内容であったとしても、たとえ店より少ない金額であったとしても、嬢の懐に入る金額は店を通さない分、多くなります。

風俗嬢にそのように扱われるだけのこと。

彼女らとお金なしでそういう関係にはなれないでしょう。

あまりにも都合のいいことは考えないほうがいいですね。

職場:失敗したら仕事に支障をきたす

以前、僕は職場に本命彼女とセフレを作っていました。

その時の体験談をお話しした方がわかりやすいと思いますので、私ごとで恐縮ですがお付き合いください。

本命彼女は茶髪のヤンキー上がりの女性でした。

まぁ僕も同じような系統なので、ウマが合うというか。

ヤンキー上がりだからなのか、とても従順で3歩下がって歩くような女性で。

とても居心地が良かったのです。

社内で付き合っていることが広まるとお互いに面倒だと思っていたので、もちろん僕は周囲に言いふらすことなどなく。

彼女も暗黙の了解で付き合っていることは秘密にしてくれていました。

そこへ新入社員が入ってきまして。

僕は彼女とは真逆の、黒髪のお嬢様育ちの美女をロックオン!

彼女よりも若いし可愛いし、おっぱいも大きいしで言うことなし!

ほどなく僕はその新入社員をセフレにすることに成功。

ヤンキー上がりの彼女の口が堅いんだから、お嬢様育ちはもっと口が堅いと僕は思い込んでいました。

なので箝口令を敷くこともなく。

すると瞬く間に社内に僕とセフレの噂が広まるという恐ろしいことになりました。

女性の多い職場だったため、噂の広まるスピードは目を見張るものがありましたね。

本命彼女はセフレに嫌がらせを始め、負けん気の強いセフレは僕の直属の上司へ相談にいくという修羅場展開でした。

もちろん僕は転職。

僕の職歴に傷が付くという展開になってしまいましたね。

なので職場でセフレを探すのは本当におすすめできません。

女友達:失敗すると人間関係が終わる

男女の間に友情が存在するかしないか。

これは意見の分かれる問題ですね。

友情は存在しない派の方は、この項目は飛ばしていただいて結構です。

女友達がいると、なにかと便利ですよね。

便利というと言葉はあまり良くないですが、男にはわからない女心を教えてくれたりもしますから、時にはとても頼りになる存在です。

そういう女性がそばにいてくれると本当にありがたいし助かります。

女性ならではの細やかな気遣いもしてくれますし居心地がいいですよね。

そして女性というだけで、一緒にいても華がありこちらの心も明るくなります。

そういう女性がセックス面でも満たしてくれれば最高ですよね。

問題は相手女性がOKしてくれるかどうかです。

相手女性がOKしてくれさえすれば最高ですが、もしNGだった場合、いままで構築してきた二人の関係性が一気に崩れ、修復不可能となります。

女性にその気がない場合、一度でもこちらの性欲を見せてしまうと女性はもう二度と、友人関係に戻ってくれなくなるでしょう。

こちらが友人関係以上のものを求めてしまっているわけですから、相手女性のキャパオーバーとなってしまうわけです。

女友達と友人関係を続けていたければ、セフレになるような提案はしない方がいいでしょう。

クラブ・サークル:周りにバレるとハイリスク

大学生のクラブ・サークルから大人になってからのクラブやサークルもありますが、どちらにしても人間関係は固定されていることが多いですよね。

人の出入りがあまりないようなクラブ・サークルですとやはり人の口に戸は立てられないものです。

一気に広まっていきます。

やはりここでも女性の口に上ると、噂が回るスピードはマッハです。

周囲に話が広まった場合、その場にいられなくなりますし、噂話は尾ひれが付くものですからとんでもない悪い男扱いをされることだってあります。

実際には泣いていないのに、「あの男は〇〇ちゃんを泣かせた!」なんて平気で言います。

そして、こういう場合に悪者扱いされるのは必ず男です。

万が一、女性の方から誘ってきてセフレ関係を築いたとしても、セフレ関係だと他者にバレたとたんに男性は悪者扱いです。

「都合のいい時だけ抱いて、後は何もしない酷い男」という目で見られ、実際面と向かって言われることだってあります。

いつだって悪いのは男なんです。

不公平だとは思いますが、女性の口に上るときにはこんな扱いしかされません。

その覚悟がない限り、狭い人間関係の中からセフレを探そうとするのはやめた方がいいでしょう。

Twitter:援デリ・パパ活が多い

狭い人間関係の中で探すのがNGならば、ツイッターという全世界から探せるツールはどうか?と思いますよね。

Twitterでも実際に性欲の捌け口を求める女性が多数呟いています。

しかし、一般的な女性は大っぴらに「私は欲求不満です、セックスしたいです」などとは言わないものです。

そういうことを大っぴらに呟いているのは一般人ではない可能性が非常に高いので、避けておくのがベストです。

一般人だとしてもそういうことを大っぴらに呟くような女性は、ちょっと難アリな女性ですから、スルーが正解でしょう。

そして厄介なのが、援デリとパパ活女子が数多く潜伏しているという点です。

援デリならば確実にセックスできますが、お金が必要ですし、次回につながることはないでしょう。

そして相手は仕事としてセックスをしますから、プレイ内容も面白くはないでしょう。

パパ活女子は、確実にお金を要求してきますし、女性によってはセックスNGという人もいます。

援デリもパパ活も、会う価値はないと言っても過言ではありませんね。

セフレにしやすい女性の特徴

ざっくり言うと、派手な女性の方がセフレにしやすいでしょう。

セフレが欲しいと思う=セックスの気持ちよさを知っていることになります。

地味な女性がセックスの良さを知っていることももちろんありますが、どちらかと言えば派手な女性の方が経験豊富です。

そのためセフレにもなってくれやすいのです。

セフレにしやすい女性のタイプについても、まとめてみたので見てみてくださいね。

生活に寂しさを感じている

セックスにはストレス発散の役割もあります。

このコロナ禍で、ずっとリモートで生活していたりなど、人との接触が減って寂しい思いをしている人もたくさんいます。

やはり人肌に触れるというのは心の平穏を保つには大切なことですから、時々セックスしておきたものですよね。

しかしながら中には恋人を作るのは億劫であるという人も。

そういった、「生活は寂しいけど恋人を作るのはめんどくさい人」がセフレを欲する傾向にあります。

誰しも、楽な関係がいいですから。

恋人であればやきもちを妬いたりだとか、しょっちゅう連絡を取り合ったりだとか、記念日がどうだとか。

いろいろ煩わしいこともありますがセフレにはそういったことを感じなくて済みます。

煩わしさナシに性欲が満たされるのであれば、その方がいいに決まっていますよね。

そして恋人との関係を煩わしく思う=そういう経験がある=地味ではない

と言えますので、やはり地味すぎる女性ではなく、男性経験がある女性の方がやはりセフレを欲していることになりますね。

夫・彼氏とセックスレスの状態

女性の性欲は案外強いです。

男性とちがい、あまり大っぴらにされないですからわかりづらいかもしれませんが、男性より性欲旺盛だと言っても過言ではないかもしれません。

そして女性は妊娠出産を経て、夫とのセックスを拒む傾向にあることも周知の事実ですよね。

夫とセックスをしないからと言って、性欲がないわけではありません。

それはただ単に「夫としたくない」だけなのです。

世のご主人たちは可哀想ですが、男としての役割は終わりだと見られています。

夫以外の男性を激しく求めるのが人妻たちというわけです。

そして一般的に女性は年齢が上がれば上がるほど、経験値が上がれば上がるほどに感度も上がっていきます。

ですからセフレにしてしまえばとても楽しいセックスが可能です。

いつもと同じように触っただけでも、彼女らの感度は鋭いですから反応が違います。

非常に楽しめると思いますよ。

そこまでの感度はないかもしれないけれど、彼氏とセックスレス状態の女性もセフレを求めていることがあります。

彼女たちもまた、人妻と同じように彼氏とはセックスしたくないのです。

人妻たちとはちがい、別れるのは簡単ですが別れるのも億劫である場合もあります。

めんどくさがりやの女性ほど、セフレに向いているものもありませんから、常にアンテナを張り巡らして、周囲にどんな女性がいるのかチェックしていてください。

単純にエッチが好きでヤりたい

ビッチと呼ばれる女性たちですね。

ヤレたら誰でもいいと思っているような、脳が性欲に支配されているような女性たちです。

ビッチと知り合えれば簡単にセックスできますが、まず知り合うことが難しい。

一定数存在していることは間違い無いのですが、彼女たちは常に誰かを求めています。

そしてその求めに応じる男はたくさんいるものなのです。

ですからビッチと知り合い、セックスに持ち込むためにはタイミングが非常に重要となります。

ビッチが求めている時でないと、知り合っても意味がないのです。

ただこの手の女性であっても、女友達などから調達してはいけません。

女性の口が堅いわけはありませんし、ビッチならなおさらです。

恥も外聞もなく言いふらすでしょう。

あなたのプレイやサイズまで。

ですから共通の知り合いなんていないビッチがいいですね。

女性がセフレにしたい男性の条件

何度も述べていますが、セフレを欲している女性は、地味ではなく派手です。

そんな女性は男遊びももちろん派手。

今までに数多くの男性を見てきているということに他なりません。

となると、やはりセフレに求める条件もどんどんついていくものですよね。

ではどんな男性が求められているのかを把握しましょう。

清潔感がある

これはセフレへの条件というよりも、たとえ友人男性であったとしても求められることではありますが、まず大事なのは清潔感です。

友人男性であれば触れる必要はありませんから、多少不潔だとしても目を瞑ってもらえることもあるかもしれませんが、肌を重ねる相手であれば不潔さが目につくようならばその時点でアウトです。

容易に想像がつきますよね。

触れたい、キスしたいという気持ちにならないのにセックスなんてしてもらえるわけがありません。

そして清潔感というのはなにも、あなた自身に限ったことではありません。

いくらお風呂に入って歯磨きも念入りにしていたところで、持ち物が汚かったり、シャツの襟汚れが酷かったりするとその時点でアウトです。

女性は細かい部分まで瞬時に見てしまいます。

シャツの襟汚れなんか、と思うかもしれませんがかなり目立ちます。

持ち物に関してもそうです。

カバンが薄汚れているだとか、靴がドロドロだとか。

スマホケースが手垢まみれであるとか、画面が指紋だらけだとか。

スマホの画面がバキバキになっているのを見て、好印象を受ける女性はいません。

そんな細かい部分まで?と思うかもしれませんが、細かいところができないのは全体的に見てもアウトなんです。

しかしこういう細かいところをクリアすれば、セフレどころか多くの女性へのアプローチがしやすくなりますから、清潔感を身につけることに損はありませんね。

女性のニーズに答える包容力がある

女性は夫や彼氏には言えないわがままをため込んでいることがあります。

そのわがままを解放してあげることで、こちらに心を開き、ついでに股も開いてくれることがあります。

甘やかしてもらいたいと感じる女性がほとんどですから、その気持ちをうまく汲み取ってあげてください。

そしてたいていそういうのは簡単にやってあげられることなんです。

何か欲しいものがあるとかではなくて、精神的に甘やかして欲しいということ。

軽いわがままを聞いて欲しいだけなのです。

ちょっと迎えにきて欲しいだとか、荷物を持って欲しいだとか、要は思いっきり女の子扱いをして欲しいのです。

莫大なお金がかかるなんてこともないでしょうし、女性の思いに答えることによって距離が縮まるのであればどんどんやってあげればいいでしょう。

そうやってあなた自身の株をあげてくようにしてください。

口が固く、ヒミツを守ってくれる

女性自身、口から生まれてきたような生き物なのに、女性は相手が秘密を守るように言ってきます。

既婚者であればなおさらですね。

共通の知り合いがいるような間柄だった場合は、お互いに口が固いことは最低限の条件でしょう。

セフレ関係というのはあまり大きな声で言えるものではありませんから、お互いに黙っておく方が得策です。

どちらもが相手を気遣えるというのは必要ですよね。

たとえ遊びの関係であっても、必要だと僕は思っています。

【結論】セフレを作るなら出会い系サイトで探すのが一番!

どこにでも女性はいますし、どこにでも出会いはあります。

どうせなら低予算、低リスクでセフレを探したほうがいいに決まっています。

金銭面でいうなら、出会い系アプリが一番安上がりですし、身バレやナンパの失敗などによる心に傷を負うリスクのことを考えても、出会い系サイトなら一番被害が少ないでしょう。

出会い系サイトは利用する時間によって、サイトを利用している女性の職業・肩書きなどが変わってきますから、あなたがセフレにしたい職業を求める場合は、相手の職業によってサイトを利用する時間は変える工夫が必要だと思います。

出会い系サイトには出会いたいと思っている女性しかいませんから、とても効率がいいです。

そんな出会い系サイトを利用しない手はないですよね。

あなたが出会い系サイトで素敵なセフレに巡り合えるように願っています。

女性をうまく気遣ってあげて、紳士的に振る舞ってみてください。

必ずGETできるでしょう!

セフレを見つけられる出会い系サイト

ランキング 1位 2位 3位
サイト名 ハッピーメール
ハッピーメール[R18]
ワクワクメール
ワクワクメール[R18]
Jメール
Jメール[R18]
会員数 2,500万人 800万人 600万人
無料特典 最大1,200円相当P 最大1,200円相当P 最大1,000円相当P
公式リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
ハッピーメールは女性登録数No1!
セフレになる女性を探す
今なら無料登録で1,200円分のポイントプレゼント!