取り組み2017.02.15

【ドローン×資材管理】原料ヤードにおけるドローンの活用

ドローンを使った写真測量の発展により、地上にある「体積」を計測することが可能になりました。

土木分野はもちろんですが、大量の資材を扱う業界においても少しずつですが浸透し始めています。

活用にあたっては既存施設に影響を及ぼさないことが基本となりますので事前に現地調査を行い、既存施設の電波とドローンの飛行に関わる電波が干渉しないか調査を行うことから始まります。


調査する周波数帯は施設側の利用状況により変わりますが、ドローンの運用で使う周波数を中心に行います。

弊社ではベテラン電波技師により漏れのない調査を行っております。標準的には900MHZ~5GHZで調査します。

電波は「飛ぶ」という表現をすることがありますが、文字とおりどこからか飛んでくることがあり、検知した電波が施設内なのか施設外なのかを見極めるのはベテランの技といえます。

ドローンで使う周波数帯が既に使用されているケースにおいては代替案の提示を行うことで、できる限り現場のニーズに答えるようにしています。