取り組み2016.10.25

【テストフライト】林業でのドローン活用を促す汎用型ケーブル運搬・投下装置

dscn2047

兼ねてから開発を進めておりました、架線集材の現場で使えるドローン用装置のテストフライトを岐阜県森林文化アカデミーで実施しました。

天候にも恵まれ汗ばむ中、アカデミーの生徒さんにも協力いただきました。写真ではケーブル巻取り装置の調整を生徒さんが行っています。

dscn2026

主に架線集材の初期段階における細めの線材をドローンで架線することを目的としています。

ドローンを使うことで

・カメラ画像で投下点を確認可能

・作業負担の軽減

が見込めます。

架線距離は麻ひもで600Mほどまで確認できましたので、ほとんどの現場で利用可能です。

dscn2052

今回の装置は市販のドローンでも使える仕様としており、普段は撮影・計測、時には架線作業に使うことで、機器として「遊ぶ」時間を減らせます。

架線専用ドローンで作ることも可能ですが、利用回数を考えるとなかなか導入しにくいため、アタッチメントタイプとすることで、より使いやすくすることを考えました。

森林文化アカデミーの演習林にある列状間伐においても安定した飛行ができました。

少し小型のドローンが扱いやすいようです

dscn2064

↑小さいですが木々の間を抜けていく白い物体がドローンです。

今後の予定ですが

本装置を今週から開催される「メッセナゴヤ」に参考出展します。

三信建材工業ブース(小間番号:1C-218)内にて展示します。

また、11月21日は静岡県の「おおいがわ森林組合」で開催される講習会でデモ飛行します。(組合員向け)

加えて、11月下旬の「浜松ドローンイノベーション会議」の現場フライトでも飛行予定です。

市販化に向けたテストはほぼ終了していますので、間もなく販売となります。

dscn2023