取り組み2016.05.10

林業×ドローンの実証実験始めました

当社では林業の現場においてドローンの活用を進めるため機器を開発し実証実験始めました。



架線集材において「リードケーブルの引き回し」と呼ばれる作業は、従来は人の手や簡易ロケットにより行われていましたが、精度や労力の点で改善が必要でした。

そこで当社はリードケーブルを引張し、かつ、投下も可能な機器を開発し、市販のドローンに取り付け実証実験始めました。

実証実験には岐阜県森林文化アカデミー岐阜県森林研究所の協力を得て、実際のフィールドでの使用感、耐久性、操作性を検証し、商品化に向けて試験飛行を行います。

実証実験のポイントは

・地形による風の影響

・安全に引張できるケーブルの種類

・作業への影響

を検証する予定です。

また、開発した機器は

 1.ドローンが運搬したロープ等を遠隔操作で投下が可能

 2.市販のドローンに取り付け可能

 3.小型軽量

ケーブルの架線、投下に専用のドローンを投入する方法もありましたが、「それ以外」のときは使い道がなく、利用頻度が少ないことはドローンにとってもいい状況ではありません。

市販のカメラ付きドローンで同じ行為ができれば、普段は撮影、必要に応じて架線と使い分けることが可能になります。

発売に関しては7月頃を予定しています。

本件に関するお問い合わせ

TEL058-379-5900 Mail info@pro-peller.net

<プレスリリース>