機体制作2016.11.19

特殊撮影用ドローン

f450-%e7%82%b9%e6%a4%9c%e7%94%a8

通常のドローンはカメラが下側(機体のお腹部分)に付き、上空から見下ろす撮影が基本となります。

今回の案件は「川面を飛ばして木々の間から見える空や、桜並木を取りたい」というご依頼から製作しました。

用途が明確だがどこに依頼していいかわからない、という案件こそご相談ください。

積みたい機材にあわせて最適な提案をします。場合によっては3Dプリンターを使い専用のマウントも製作可能です。

p_20161105_132327-1

(↑ソニー製レンズカメラ。ジンバル機能付き)